慰謝料の相場

交通事故の場合、交通事故慰謝料が交通事故被害者に保険会社から支払われます。この慰謝料は、精神的な苦痛に対してだけでなく治療費用や入院雑費、通院費、休業損害などが考慮された総額で支払われることになります。

一般に、慰謝料は交通事故の治療費用と入院雑費や休業損害、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料または死亡慰謝料を足した総額の損害賠償額のことだといわれています。そして、その相場は、自賠責保険の賠償額の相場では、死亡時の賠償額は平均713万7千、損害賠償や後遺障害時の賠償額が平均14万8千円だといわれています。そして、任意保険の賠償額の相場としては、死亡時の賠償額は平均1951万円、損害や後遺障害時の賠償額は平均60万円くらいだといわれています。

慰謝料には自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準という3基準があり、弁護士基準を用いて計算した慰謝料は4倍になる場合も多くあるといわれていますので、交通事故が起こった場合、慰謝料は弁護士への依頼することが必須になるといっても過言ではないといわれています。

このように、交通事故の場合、交通事故慰謝料が交通事故被害者に保険会社から支払われますが、この慰謝料には3基準あります。そして一番高額になるのが弁護士基準です。