増額交渉は弁護士へ相談

交通事故に遭って被害者になったという場合、弁護士に相談することがおすすめです。事故に遭って怪我をして、つらい思いや痛い思いをし、この先治療をきちんとしていく必要があります。後遺症で悩まないためにも、しっかりと治療を受けることが不可欠です。

例えば、むち打ち症などの場合、事故後、後遺症で苦しむ人も多くいます。事故に遭って怪我をしてしまい、後遺症で苦しむのに、その怪我の後遺症の治療を十分に受けられないということになると、その後の人生が大変つらいものになってしまいます。

できるだけ安心して治療をし、後遺症でつらい思いをしないように、交通事故の慰謝料の増額交渉については、弁護士に相談することが大切です。弁護士に依頼することで、交通事故の慰謝料が弁護士基準で計算されることになり、同じ障害を抱えてしまっても、その後の慰謝料の金額が大幅に引き上げられるということになるといえます。そのことで、安心して治療を受けることができ、事故の後の後遺症のつらさを少しでも軽くすることができるのです。

事故に遭って怪我をした場合、この先きちんと治療を受けられることが不可欠です。少しでも安心して治療ができるように、また、後遺症が少しでも軽くなるようにしっかりと治療を受けることが不可欠です。

増額は可能?

交通事故が起きた場合、交通事故の被害者に対して、交通事故慰謝料が保険会社から支払われることになります。慰謝料は、治療費用や入院雑費、通院費、休業損害などを考慮された上で支払われます。

この時、用いられる基準は3つあり、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準があります。自賠責基準や、任意保険基準で交通事故の慰謝料が計算される場合、弁護士に依頼した場合と比べ、慰謝料は低くなります。そのため、弁護士に依頼することで、慰謝料を増額させることが可能となります。

弁護士基準が慰謝料に用いられて計算した場合、慰謝料が4倍になるともいわれています。例えば、等級別の後遺障害慰謝料の場合、等級が1級のであれば、自賠責基準は1100万円くらいです。そして、任意保険基準では、1300万円くらいです。しかし、弁護士に依頼した時に用いられる弁護士基準では2800万円という相場になります。そのため、弁護士に依頼することで増額されるということになるといえ、慰謝料の増額が可能になります。

そのため、充分な治療をきちんと行うことができるためにも、交通事故が起きた場合は弁護士に依頼するということは、慰謝料の増額という点でも必要なことであるといえます。

慰謝料の相場

交通事故の場合、交通事故慰謝料が交通事故被害者に保険会社から支払われます。この慰謝料は、精神的な苦痛に対してだけでなく治療費用や入院雑費、通院費、休業損害などが考慮された総額で支払われることになります。

一般に、慰謝料は交通事故の治療費用と入院雑費や休業損害、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料または死亡慰謝料を足した総額の損害賠償額のことだといわれています。そして、その相場は、自賠責保険の賠償額の相場では、死亡時の賠償額は平均713万7千、損害賠償や後遺障害時の賠償額が平均14万8千円だといわれています。そして、任意保険の賠償額の相場としては、死亡時の賠償額は平均1951万円、損害や後遺障害時の賠償額は平均60万円くらいだといわれています。

慰謝料には自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準という3基準があり、弁護士基準を用いて計算した慰謝料は4倍になる場合も多くあるといわれていますので、交通事故が起こった場合、慰謝料は弁護士への依頼することが必須になるといっても過言ではないといわれています。

このように、交通事故の場合、交通事故慰謝料が交通事故被害者に保険会社から支払われますが、この慰謝料には3基準あります。そして一番高額になるのが弁護士基準です。

交通事故の慰謝料

交通事故に遭って被害者になったという場合、後遺症でつらい思いをしないためにも、安心して事故の治療が受けられることが大切です。そのためには、弁護士に慰謝料の交渉を行ってもらうことがおすすめです。

事故に遭った不安を少しでも解消させるためにも、弁護士はとても頼りになる存在です。弁護士にいらいすることで慰謝料の計算の基準が、自賠責基準や任意保険基準から、弁護士基準になります。そのことで、慰謝料が増額されます。増額の幅は事故の怪我や後遺症の状態や、障害等級などによって様々ですが、その等級の最も高い基準で判断してもらうことができ、安心して怪我の治療に向き合うことができます。交通事故に遭った際、慰謝料はどれくらいになるのかや、慰謝料の相場がいくらくらいなどかなど、被害者にとって気になります。

慰謝料は、交通事故で負った怪我はもちろんのこと、精神的苦痛に対しても支払われます。事故に遭って後遺障害を抱えて、その後つらい思いをする被害者も多く、交通事故の被害者になった場合、きちんと安心して治療が受けられるよう、弁護士に交渉してもらうことがとても大切です。弁護士基準で計算した場合の慰謝料は約4倍になる場合も多いといわれ、交通事故の慰謝料の増額は弁護士への依頼が必須であるといっても言い過ぎではないといえます。事故の被害者が苦しむ必要はなく、今後の治療を安心して受けられるようにするためにも弁護士に依頼することはおすすめです。